コピー機のリースをお探しでしたらここはいかがでしょうか
2020年10月12日

コピー機レンタルは制約が少ない

コピー機はオフィスに必要不可欠な製品のひとつですが、特に新品でコピー機を導入したい場合、購入すればかなりの経費が飛んでいってしまいます。低価格のコピー機もないわけではありませんが、コピーのスピードや画質が価格相応なことが多く、仕事では結局は使えないといった結果になりがちです。しかし無理をして新製品を自費で購入しなくても、リースやレンタルの方式を使って導入することも可能です。この場合はどちらの方法がよいのかをまずは検討する必要がありますが、一般に長期的な使用であればリース、短期的な使用であればレンタルのほうがよいとされています。

実際にはそれ以外にもさまざまな違いがありますので、しくみの違いを理解して選ぶとよいでしょう。リースの場合は料金が安いのが魅力ですが、そのかわりに契約期間は数年単位を要求され、途中での解約は認められません。また契約にあたっては事前の審査があり、この審査をパスできなければ契約さえできないことがあります。いっぽうでレンタルもリースと同様に毎月の料金だけで足りるので経済的ですが、それに加えて制約が少なく自由に使い方ができるメリットが魅力となっています。

たとえばリースにはつきものの事前審査がないのですぐにでも納品してもらえますし、契約期間は数年や数か月であっても、また数日であってもよいため、最初から途中解約などを考えないでも契約期間を自由に設定することができる特色をもっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です