コピー機のリースをお探しでしたらここはいかがでしょうか
2020年12月9日

コピー機のリースは長期利用に最適

コピー機のリースは、リース会社に欲しい機種を買ってもらい、それを使わせてもらうために毎月リース料を支払ってコピー機を利用するサービスです。購入と違って一度に支払う必要がなく、初期投資を抑えたいときに活用することができます。似たような方式にレンタルがありますが、レンタルは長期利用には向いていません。毎月の支払いはレンタルだと高くなるので、長く利用するならこちらの方法を利用した方が良いです。

ただし、利用するためには審査を受ける必要があり、審査に通らない場合は利用することができません。また、長期間の契約に拘束されるので、途中で解約すると残り分を支払う必要があるので、短期の方はレンタルを選んだ方が良いです。リースは会計上は、経費として算入することができます。保険や減価償却費用などのコストはすべて料金に入っているので、購入と違って管理が面倒ではありません。

確かに一括でコピー機を購入したい場合と比べると、金利分が上乗せするので支払う金額は高くなります。しかし、一括で100万円を超えることも多いコピー機を購入するのは大きな負担になりますので、実際は多くの企業がこの方式を活用しています。期間が終了すれば返却しなければなりませんが、そのころには古くなっているので、新しい機種を導入するのにまたリースを利用するという感じで活用可能です。購入であてもどのみち新しくする必要が生じれば処分しなければならないことを考えると、この点はさほどデメリットとは言えないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です