コピー機のリースをお探しでしたらここはいかがでしょうか
2021年1月12日

コピー機のリースは保守契約もしっかり考えよう

仕事で使うコピー機や複合機を導入する際にリース契約を結ぶケースが多くありますが、リース契約の場合は購入とは違い少ない費用でオフィスに導入ができる、契約期間が満了した後は再び最新種に入れ替えて利用ができるなどのメリットを持ちます。この契約の中では保守契約を結ぶか否かを利用者側が決めることになりますが、保守契約にはいくつかの種類がありリース契約を交わすと同時に選んだ保守契約を締結することになるわけです。コピー機などの保守契約は、定期的なメンテナンスや故障などのトラブル対応、トナーやドラムなどの消耗品の無料交換などが含まれます。コピー機の保守契約にはカウンター・スポット・キットなどの種類がありますが、この中でも一般的な契約スタイルがカウンター保守です。

この契約スタイルは、コピー機をリースで導入していう会社の半数以上が利用しているといわれており、最もスタンダードなものといえましょう。カウンター保守契約は、毎月の印字枚数分の使用料金を支払うのが特徴で、予めリース会社とモノクロが5円でカラーが10円などのように1枚あたりの単価を設定しておきます。印字枚数が多い場合などでは割高になりやすいのですが、利用頻度が比較的少ない場合などでは他の保守契約よりもお得です。また、カウンター保守では定期的なメンテナンス、故障時のトラブル対応やトナーなどの消耗品が無料になりますので、急なトラブルのときでも安心、万が一部品の交換が必要になったときでも費用が発生しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です