コピー機のリースをお探しでしたらここはいかがでしょうか
2021年1月15日

コピー機リースとレンタルの違い

コピー機はレンタルやリースの方法で入手することは可能であり、これは機能の充実によって新製品が出るたびに販売価格が高騰しているコピー機への対策としてもすぐれています。どちらであっても料金は日割りや月割りなどのわずかな負担で済みますし、購入するときのように一度に大量のキャッシュが必要になることはありません。しかも購入した製品とほとんど同様に使うことができ、違いといえば減価償却などの経理処理がなくなるといったことくらいで、いずれにしても使用そのものというよりも机上の取り扱いの話といえます。もっともリースとレンタルとではそれぞれの守備範囲が違ってきますので、よく調べた上で契約をするのがよいでしょう。

コピー機のリースは数年間の契約期間が設定され、その期間内では原則的に解約ができませんが、毎月の料金は格安となっています。契約をするにあたって事前に審査があり、審査をパスした場合にのみ契約が可能です。本体そのものの契約に加えて、メンテナンスなども包括的に契約できるのが一般的で、このような契約があれば故障の際の週の費用などはいちいちその場で支払う必要がなくなります。いっぽうのレンタルについては、契約期間は一日単位や月単位といった短期的な需要に対応できるのが強みであり、イベントや仮設の事務所などでの使用には特に有効です。

事前の審査もありませんし、レンタル会社の在庫の製品がそのまま届くのですぐに手配してもらえますが、そのかわり在庫にない製品は選択することができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です