コピー機のリースをお探しでしたらここはいかがでしょうか
2021年1月24日

コピー機のリースでかかる費用を考えてみよう

購入するとお金がかかることから、コピー機のリースを検討しているという方もいるでしょう。では購入ではなく借りるという選択を選ぶ場合、実際にはどのくらいのお金が必要になるのでしょうか。実際に契約をした場合にかかる料金を把握したうえで、利用するかどうか考えていくことが大切です。業者と契約してコピー機を借りる場合、基本的に毎月必要となる費用はリース料と保守料のみになります。

購入する場合は一度にまとまった金額が必要ですが、借りるのであればまとめて費用を用意する必要がありません。月々の支払いの負担を減らせる一方で、注意しなければならない点も存在しています。その注意点というのが、途中解約ができないという点です。基本的に3年や4年など長期の期間での契約となり、途中解約ができない仕組みになっています。

もしも途中解約をしたいのであれば、残債や違約金の支払いが発生するので注意しましょう。コピー機のリース契約をする前に、途中解約をしたらどのような対応になるのか確認しておくことが大切です。またこの形式を利用する場合、基本的に3年以上の契約というケースがほとんどです。数ヶ月だけ使いたいという場合には、レンタルを使うのも1つの手です。

長い目で見てコピー機のリースの利用が適しているか考えて利用することが大切です。最初はレンタルで契約を行って、長期間の契約でも問題ないと思ったら契約内容を切り替えるというようなスタイルで利用する選択肢もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です