コピー機のリースをお探しでしたらここはいかがでしょうか
2021年2月21日

コピー機をリースするメリット

コピー機をリースするメリットとして挙げられるのは、資金の効率的運用が図れるという点で、コピー機を導入する際にも多額の購入資金が不要になりますし、月々一定の料金を支払うだけで済ませることができるので、購入による資金の固定化を防ぐことにも繋がります。資金の固定化を防ぐことができれば、運転資金を留保できると共にその資金を運用して利益を生み出すことができるため、資金の効率化が図れるといったメリットが生まれてきます。また、事務の合理化が図れるのも大きなメリットで、コピー機を購入した場合は資金の調達や償却事務、保険の諸手続きや税金の申告・納付などといった手間がかかる管理事務処理が発生してしまいますが、リース会社ではこれらの事務全てを任せることができるため、事務の合理化を促進させることが可能になります。月々のリース料金は税務上認められた期間内であれば全額経費として処理することができ、さらに法定耐用年数より短い期間でリース期間を設定することができるので、償却期間を短縮することが可能となってきます。

他にも税金面で有利なことはもちろん固定資産に計上される心配もないので、財務比率を悪化させないといったメリットも生まれてきます。また、原価意識の徹底が図れるのもプラスで、機械設備などのコストはリース料金という形で明確に把握することができるため、原価計算が簡素化できると共に原価意識の徹底を図ることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です