コピー機のリースをお探しでしたらここはいかがでしょうか
2021年3月9日

コピー機をリースするメリットとデメリット

コピー機や複合機は、オフィスに欠かせないものの一つとなっており、リース契約をしている会社も多いことでしょう。コピー機や複合機は価格が非常に高いため、リースすることが一般的ですが、ほかにも購入したり、レンタルとすることができます。コピー機などをリースするメリットは、月々の支払を経費として扱うことができ、毎月の支払額が固定されることでランニングコストがわかりやすいことにあります。また、高額の機器類を購入した場合に必要な減価償却や固定資産税の支払いが発生しないため、管理にかかる事務手続きを簡略化できるのも利点です。

また、イニシャルコストがかからないため、大きな金額を用意したり借り入れをせずに済む点もメリットとなります。コピー機や複合機をリースするデメリットは、一度契約すると中途解約が難しい点にあります。金額は少ないとはいえ、5年かそれ以上といった長期にわたる一定金額の支払いが求められます。支払いの総額は現金で購入する場合と比較して高くなるため、会社の業績がダウンしたなどの場合は、支払いが重荷になるケースも考えられるため注意が必要です。

また、コピー機や複合機のリースは中古の機器類には適用されないため、新品のもののみとなり、そのことも価格が高くなる要因となります。このようなメリットとデメリットがあるため、契約する際には自社の資金の状況を把握するとともに、どれくらいの期間利用するかを明確にすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です