コピー機のリースをお探しでしたらここはいかがでしょうか
2021年3月24日

コピー機リースの流れを把握しよう

これからコピー機のリース契約を検討している人も多いかもしれませんが、契約の際にはどのような流れで締結されて、契約が履行された後はどうやって事が進んでいくのかわからない人が多いものです。契約が終わった後に失敗したということにならないように、事前にどのような流れであるのかを把握しておくことは大切です。まず最初に行われることはリースの検討やシミュレーションです。これからどのくらいの年数使っていく予定なのか、どのような機能が必要なのか、オフィスが移転する予定はあるのかなどを考えていきましょう。

何年間リースするのかなどをシュミレーションすることにより、コスト面での明確化がなされます。次にリースの申し込みを行います。さまざまな書類が求められるケースが多いため、あらかじめ何が必要なのかを確認し準備しておくと良いでしょう。コピー機のリース契約には実は審査があるのが実情です。

その理由は、多くの場合、サービスが5年以上の長期契約になることも多いので、提供するコピー機の資産価値が大きくなることが理由です。審査の通過基準はほぼ経営状態を確認することになりますが、ある程度余裕を持ち運営できていて、一般的な利益を上げているような会社であればほぼ問題はありません。契約が結ばれると、いよいよ導入することになります。このような流れであることがわかりますが、ニーズに合わせて上手に活用することによって、便利に利用していくことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です