• 業務用タブレットが選ばれる理由

    かつては、業務用のノートパソコンなどを従業員に持たせるケースがありましたが、昨今、多くの企業ではタブレット端末へと徐々に移行しています。

    待望の法人タブレットに関するお役立ち情報コーナーです。

    業務用タブレットが選ばれる大きな理由のひとつは、一元管理が可能なところです。

    様々なT-SITEに関する予備知識が満載です。

    ノートパソコンの場合は、基本的には1台単独のスタンドアローンな存在で、共通の環境を構築するためには、1台1台ソフトウェアをインストールしたり、設定をしなければなりませんでした。


    タブレットの大きな特長として、1つのアカウントに複数の端末を関連付ける事が可能ですが、ストレージの内容を共有させる事で、マスターとなる端末で構築した環境と全く同じ環境を同一アカウントのタブレットで容易に再現する事ができ、煩雑なインストールや設定の作業から解放され、素早い対応も可能になり、まさに複数の端末を利用する業務用との親和性が高いのがメリットです。
    もうひとつは、セキュリティの問題です。


    今や、情報漏洩等の脅威は、オンラインからとは限らず、USBメモリなどのオフラインからの脅威も視野に入れなければならない時代です。



    多くのノートパソコンでは、汎用性を持たせるために、さまざまなインターフェイスを備えており、その利便性と引き換えに、オフラインからの脅威に晒されるリスクも持っています。

    一方、業務用タブレットは、発注時に充電用以外のUSB端子を搭載させない等、カスタマイズが可能で、業務形態に併せて、より強固なセキュリティを実現できます。